メインイメージ

賢い選び方

厚木の分譲住宅の賢い選び方について

神奈川県厚木市において分譲住宅を購入するときの選び方として、損をしない方法を選んでいくにあたってはどうすればいいのでしょうか?

分譲住宅を購入するにあたっては、自分の出せる予算の範囲内でできるだけ住み心地のいい家を選んでいきたいものです。注文住宅とは違って、こちらのほうはあらかじめ完成形が見えているタイプの住宅となりますので自分で作る楽しみという部分では物足りないのかもしれませんが、しかし厚木市においてのこのタイプの住宅物件の購入は現在人気が高まっています。
思い切って買うなら決して損をしない様々な機能が整っていますので、購入は有力な選択肢といえるでしょう。

神奈川県厚木市は人口70万人以上を抱える神奈川県では3番目となる政令指定都市です。市域は基本的には商業施設や住宅地が広がっているエリアですが、厚木市北部の地域にあたる緑区の旧津久井町などにおいては相模湖や豊かな山林が広がっています。

アクセス面で便利な商業地域や住宅地などに住むことも一つの手段ですが、多少アクセスは不便ではあるものの自然豊かな地域の分譲住宅を狙ってみるというのも選択肢の一つには入るでしょう。また、生活にゆとりがある場合にはセカンドハウスとしての購入も一つの方法といえます。
分譲住宅の選び方のコツとしては、自分の中で住んだときのイメージを具体的にしていくということが挙げられます。

モデルルームの展示会には、実際に足を運んでみて住み心地を体感してみることはおすすめの方法です。こうしたモデルルームの展示に定期的に足を運んでみることで、自分の中でイメージが膨らんでいきやすくなります。また、担当者の人に色々と疑問をぶつけることも大事なことです。

選んでいくにあたっては自分のライフスタイルに合った選び方で基本的には何一つ問題はありません。あとは地価の値段という部分では気にされる方も多いでしょうが、厚木市の中央区の物件で1,000万円台程度で購入することができる家物件や土地物件がかなりたくさんあります。最終的には全ての費用を含めてもかなりお手頃な価格で無理なく購入することができます。

自然豊かな厚木市緑区のエリアの物件だと、1,000万円を切って600~700万円クラスで買える分譲住宅も数多くあります。あとはアクセス面では若干難しい面もありますが、自分でどの程度マイナス面を上手くカバーできるかということを考えてみることが大事です。”