メインイメージ

解体工事に必要な資格

解体工事に必要な資格としっかりとした業者

家屋や建物の解体をする際に業者選びが最も重要で、しっかりとした業者選びをしなければ、依頼したことで大きな損害を招くことがあります。

依頼主からすれば、解体は建築と違い、できる限り費用を圧縮したいと考える人が多いはずです。
しかも建物を建てることに対して壊すことは無駄と考える人も多いです。
確かに解体工事で無駄な費用を省くことは解体工事を依頼するにあたって大きなポイントではあるのですが、安易に安価だけで依頼すれば失敗することもあります。

問題は安い費用で安全かつ安心して依頼できる解体業者を探すことが重要となります。
解体を依頼するケースとして、建て替えが理由となる場合と、土地の売却、駐車場などとして利用するなど多くの理由がありますが、大抵の場合その先にある理由のために解体が余儀なくされることが多く、建て替えや売却を含めた他の目的としての利用がないのであれば、解体の意味はなく、ここに解体工事の費用を無駄と考える理由があると考えられます。
解体は建築とは違いますが、解体工事作業にかかわる資格が必要で、高さ5m以上のRC造建物の解体又は破壊は、コンクリート造工作物の解体作業主任者、高さ5m以上の足場の組立や解体をする場合、建築物等の鉄骨の組立作業主任者など、アセチレンガスでの切断や移動式クレーン、3トン以上の重機を扱う場合は車輌系建設機械運転技能など、ほかにも高所作業などの資格が必要で、安全作業を行うために、解体工事を行う場合に都道府県への届け出が必要で、県知事の許可を受けたしっかりとした業者への依頼が必要です。

安価に工事を引き受ける業者で稀に、無資格者を工事に当たらせていることもあり、現場監督者を配置したいないこともあります。
解体工事が高くなる理由として経費が掛かることがあります。
経費の多くは人件費や重機などの費用です。
解体で出た材料の処分にはそれほど費用が掛かっていません。

解体は建築以上に騒音が出るため、近隣住民とのトラブルがありそれをさけるためにも、しっかりとした対策を立てて解体に当たる業者を選ぶ必要があります。
万が一、駐車してある車に傷が付いとか、洗濯物が汚れたなどのクレームで弁償が依頼者となった場合、安かろう悪かろうということになり兼ねません。
しっかりとした解体業者を3社以上見積もり依頼し、交渉を試みましょう。
工務店やハウスメーカーに依頼せず、直接解体業者に頼むことが安価に済ます方法となるでしょう。