メインイメージ

見学するときのポイント

厚木の分譲住宅を見学するときのポイントについて

厚木の分譲住宅の見学のポイントは、まずインターネットで物件の情報を調べます。気になる物件を見つけて直接不動産会社に連絡をして、モデルハウスや分譲住宅の予約を行います。厚木の業者や物件によっては、予約が必要ない場合もあります。売り主が業者の場合はその分譲地だけとなりますが、時間を掛けてじっくり見るすることが出来ます。物件のメリットや魅力などをスタッフが説明してくれて、素人でも分かりやすく教えてくれます。スタッフから細かな部分の説明や、疑問点をぶつけることも出来ます。分からないことがあれば、積極的に質問することも可能です。仲介業者の場合では、気になっている物件だけでなく似たような物件を案内してくれます。地域に密着している住宅を多く紹介してくれるので、簡単に比較して選ぶことが出来ます。相場も掴めるようになるので、厚木の物件に詳しくなることも可能です。

分譲住宅を見るときのポイントは、一度に訪問するのは数件程度に収めておくことです。多くの厚木の物件を見てしまうと記憶も曖昧になり、特徴や魅力が分からなくなってしまうからです。一度に色々な物件を見てしてしまうと疲れてしまって、判断力や決断力も低下します。冷静になって見るためにも、少しずつ多くの物件を見学するようにすることがポイントです。気になったことや魅力だと思った部分、後で業者に確認したいことなどはメモに残しておきます。たくさんの物件を見ても記憶がよみがえり、選ぶときの参考にもなります。気になった物件があったらすぐに購入はせずに、少しずつ見学と検討を繰り返すようにすることが大切です。さらに見るときには、目的地までは電車やバスなどを使うようにします。車以外の方法で現地に行くことで、利便性を調べることが出来ます。通学路や通勤時間など、生活に根付いている場所までの時間や交通期間なども調べるようにします。

そして厚木の分譲住宅を見るときには、実際に生活するときの生活導線や家具の配置、インテリアや人の出入りなどを想像して見るようにします。特殊な設備やおしゃれ過ぎるものは使い勝手を確認するようにして、必要なものなのかを考えます。反対に絶対に必要な設備は揃っているのか、利用回数はどのくらいなのかを考えながら見るようにします。質問があればその都度スタッフに聞いて、なるべく疑問を残さないように注意します。内部だけでなく外壁のコーティングや設備もチェックして、メモに残しておくようにすると後で検討するときの参考になります。”