メインイメージ

仕様書の内容と見方

解体工事の仕様書の内容と見方

家の解体工事にはかなりの費用が掛かることを覚悟しなくてはなりません。現在の建物を壊してその後に新築する予定ともなると、新しく建設する家のほうになるべく費用をかけたいからと、家の解体はとにかく安く上げたいと考えがちですが、解体業者を選ぶときには金額の安さだけで選ぶようなことは避けるべきです。まず解体工事の見積もりを徴収した後に、その内容に関していくつか注意しなければならない点があります。まず見積書の項目は解体工事総額、各項目、備考欄の3種類に分かれます。最も数字が大きく一番目につくのが工事総額ですが、この金額だけをうのみにしないことが大切です。きちんと仕様書を確認したうえで必要な経費がすべて掲載されているか、逆に余分な工事が入っていないかと言った事を精査しなくてはなりません。また、金額が大きいだけに、総額には消費税が含まれているかどうかという点も重要です。解体業者の中には消費税別で表示しているところもあるので、消費税の額が含まれているのかどうかは必ず見積書を受け取った時に確認しておく必要があります。次に工事の項目ですが、仕様書の中に自分の要望がきちんと反映されているかどうかを確認しなくてはなりません。そして仕様書の中に不明瞭な項目がある場合にはうやむやにせず、必ず担当者に確認するようにします。内容に何が含まれていて、逆に含まれていないものはなんなのか、もし追加工事が出るとしたらどのような内容なのかということまではっきりとさせておくことが、後々トラブルにならないコツです。そして見積書の中で大切なことが書いてあるのが備考欄です。

かなり細かくいろいろとたくさん書かれていることが多いのが備考欄ですが、別途工事の内容、工事前のお願いなどが書かれていることがほとんどです。この欄をきちんと読まずに解体工事の契約をしてしまい、すべての工事が含まれていると思い込んでいたら、後になってから別途工事が発生したといったトラブルが起こる可能性があるので、十分に注意を払い自分自身で熟読しておくことが大切です。解体工事を依頼する際に見積書を丁寧に作ってくれる業者は工事も丁寧で信頼できるといえます。仕様書や見積書の内容が雑で、細かな経費などの記載がなく、○○工事一式といった表記が目立つような業者の場合は注意が必要です。一式の中に何が含まれているかが明確ではないためです。見積書や仕様書を通じて、それを作った担当者の姿勢や真意を読み取ろうとすることが信頼できる業者選びには重要です。